【ALPINEアルパインカーナビ】運転中にナビが再起動する事象を解消する為のアップデート方法

昨年7月に中古で購入した車のアルパイン製のカーナビ(EX-900)の地図が2016年版だったので

つい先日に2020年度版のものにアップグレードしました。

 


この地図には関西に住む私にはとても重要で

新しく完成した阪神高速の西船場JCTや新名神だったりがしっかりと更新されています。

(地図を更新する以前に、山陽道から中国道に入るときに、ナビの指示では直進で、そのまま指示通りに進むと新名神に入り、結局遠回りして名神吹田に戻ってきた経験アリ)

 

少し値段が張りましたが、そういった間違いもなくなるだろうということで購入を決意しました。

 

それから、何の不備もなくナビも快調だと思われたのですが、

ある時、走行中にいきなりナビが再起動するようになりました。

 

今まで、そんなことは一度もなかったので

最初は、段差で接触が悪く再起動したのかな??

 

くらいで、気にも留めなかったのですが、

段差以外でも、不定期にランダムに再起動するように。

 

あまりにも頻繁なのですが、ランダムなので

一度ナビのコード類を確認しなければ、、と思いつつ中々実行できずに時間が過ぎて行きました。

過程はいらんねん。やり方だけ知りたいって言う方は

目次にある

アルパインナビ再起動不具合アップデート方法

をクリックしてください。

 

ALPINE(アルパイン)からのメール

2020年12月16日に

アルパインのお客様登録に使用しているアドレスに1通のメールが送られてきました。

普段はほとんどメールを開かないのですが、

先日のナビ再起動の件もあり、何か情報があればと見てみると。。

 

製品サービスのお知らせ〜

2012年〜2015年にかけて製造・販売しました
ナビゲーションにおいて、ご利用中に再起動
する事象が確認されております。

うんたらかんたら。。

詳細は下記↓

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【製品サービスのお知らせ】
ナビゲーション 2012〜2015年モデル
再起動事象対策ソフトウェア配信
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

平素はアルパイン製品をご愛用いただき誠に
有り難うございます。
当メールニュースは重要なお知らせの為
メールニュース配信を希望しないお客様にも
お送りしています。ご了承ください。

2012年〜2015年にかけて製造・販売しました
ナビゲーションにおいて、ご利用中に再起動
する事象が確認されております。

【 原因 】
FM-VICSデータの増加により、ナビゲーシ
ョンの内部データが稀に異常状態になるため

【 対策 】
対策ソフトウェアを配信致します。
2012年〜2015年ナビをご使用で本事象が発生
している場合は本ソフトウェアを適用頂きます
ようお願い致します。

【 対象モデル名 】
▼ 2015年モデルSDナビゲーション
└ 7W/7Dシリーズ
▼ 2014年モデルSDナビゲーション
└ EX1000/EX900/EX800/X900
X800/700W/700Dシリーズ
▼ 2013年モデルSDナビゲーション
└ EX009V/EX008V/X008V/007WV
VIE-X007II/VIE-X007WIIシリーズ
▼ 2012年モデルSDナビゲーション
└ VIE-X009EX/X008EX/X008
X007W/X007シリーズ

▼ 対象モデルの確認方法
https://secure.alpine.co.jp/urs/ndl/modelcheck/prog/modelcheck.html

【 適用方法 】
以下リンク先から対象モデルをクリックの上、
対策ソフトウェアをダウンロード・適用頂き
ますようお願い致します。

<2014年/2015年モデル>
▼ EX1000/EX900/EX800/X900/X800/700W
700D/7W/7Dシリーズ
https://secure.alpine.co.jp/urs/ndl/14my-aft/prog/ct
<2013年モデル>
▼ EX009V/EX008V/X008V/007WVシリーズ
https://secure.alpine.co.jp/urs/ndl/13my-aft/prog/ct
<2012年/2013年モデル>
▼ VIE-X009/X008EX/X008/X007/X007W
X007㈼/X007W㈼シリーズ
https://secure.alpine.co.jp/urs/ndl/12my-aft/prog/ct

ご迷惑をお掛けしますが、今後とも弊社製品を
ご愛用頂きますようお願い致します。

アルパインメールより引用

 

とのこと。

これは、まさに私が経験したそれ!!

ということで、

 

早速メールに記載しているアドレスをクリックし、

 

ファイルをダウンロードします。

そのファイルをSDカードかUSBメモリに入れて

ナビに差し込んで更新してくださいとのこと。

 

簡単なはずのアップデートファイル更新に悪戦苦闘笑

アップデートに使用するメディア

まずは、アルパインホームページに記載されている

使用するメディアに関して調べます。

 

■SDカードについて

ダウンロードしたファイルを製品へ適用するにはSDカード規格(2GBまで)・SDHCカード規格(32GBまで)に準拠したSDカードが必要になります。
※製品に添付されているSDカードは、録音用SDカードとなり、プログラムアップデートには利用できません。 プログラムアップデートを行う際には、別のSDカードを準備して下さい。
SDXCカード準拠のSDカードは使用できません。
推奨メーカー:Panasonic、東芝、SanDisk
高速タイプのSDカード(2GBまで)は、そのままではご使用になれません。SDカードをパソコンで初期化して下さい。
miniSDカード/microSDカード/miniSDHCカード/microSDHCカードを本機で使用する際は、必ずカードに付属されている専用のアダプターを使用して下さい。また、miniSDカード/microSDカード/miniSDHCカード/microSDHCカードを取り出す時はアダプターごと取出し、本機にアダプターだけ残さないようにして下さい。
対応ファイルシステムはFAT 16/32です。

 

 

■USBメモリーについて

USBメモリーは、USBメモリー規格に準拠したメモリをご使用下さい。
USBメモリーを使用する際は、USBケーブル(KCU-260UB/KCU-460iV/KCU-510WM)を別途用意して下さい。
対応USB規格はUSB 1.1 / 2.0です。
USB 3.0対応のUSBメモリーは使用できません。
対応ファイルシステムはFAT 16/32です。
ハブ付USBメモリー、USBハブは接続対象外です。
バッファロー社製のUSBメモリーを使用してダウンロードした場合、データのアップデートに失敗する事象が数件報告されております。 データの更新を行う際は、バッファロー社製以外のUSBメモリーをご使用になることをお勧め致します。

 

読んでみると、

使えそうなメディアで、私の家にありそうなのは、SDHC規格のマイクロSDの32Gまでのものか、USBメモリ

 

しかし、USBメモリを使用して更新するのであれば、下記のアルパインのアダプタが必要だとのこと。


いやいや、、更新するのにわざわざなんでお金払って更新せなあかんねん笑

こっち(使用者側)のミスでもなんでもないのに、、、^^;

 

ということはSDHC規格microSDを使ってやるしかない。

って、、、

持ってるの64GBと128GBのmicroSDカード(SDXC規格)しかないやん((((;゚Д゚)))))))

泣く泣くSDHC規格のSDカードを購入することに。


SDHCやらSDXCやら、一体なんやねん。

というかたもおられると思いますが、

詳しくは割愛しますが、

この年代のアルパインのナビは2GBのSDカード、もしくはSDHC規格のSDカード(4G〜32GB)に対応で

SDXCは容量(GB数)が多い(32GB以上)カードで対応していないということです。

 

2GBのSDカードなんか今更使い道もほとんど無いですし、

この更新以外でも実用性のあるSDHC規格のSDカード( microSDをアダプターにさして使う)を買うことにしました。

microSDでない普通の大きさのSDカードも現在の機器だとほとんど使えないので、 microSDにしたほうが良いです。

 

できないアップデートファイル更新

<2014年/2015年モデル>
▼ EX1000/EX900/EX800/X900/X800/700W
700D/7W/7Dシリーズ
https://secure.alpine.co.jp/urs/ndl/14my-aft/prog/ct
<2013年モデル>
▼ EX009V/EX008V/X008V/007WVシリーズ
https://secure.alpine.co.jp/urs/ndl/13my-aft/prog/ct
<2012年/2013年モデル>
▼ VIE-X009/X008EX/X008/X007/X007W
X007㈼/X007W㈼シリーズ
https://secure.alpine.co.jp/urs/ndl/12my-aft/prog/ct

 

それぞれ機種に対応するページに行き

ファイルをダウンロードします。

ダウンロード先はわかりやすいデスクトップなどにし保存すると

フォルダが作成され、中に10ほどのファイルがあります(PC環境によってはzipファイルの可能性もあるので、その場合は解凍します)

 

それをフォルダごと購入したSDカードに打ち込みます笑

アルパインのページに詳しく更新手順が書かれています。

 

しかし、だがしかし、

それに従って更新を試みますが、

何度やってもナビは無反応。

”更新しますか?”

の文字が出てきません。

うんともすんとも言いません(^-^;

何か手順が間違っているのか??

と何度も見直しましたが、さっぱりわかりません。

 

これはSDHCの microSDがダメなのでは?

それともフォーマットが違うのか??

FAT32でフォーマットし直しやってみるもだめ。

そんなことを繰り返してもダメで、悩んだ挙句、

これならば確実に適合するであろうSDカード(2GB)を泣く泣く購入することに。

そして、届いて直ぐに前回のファイルを再度ダウンロードし、

フォルダごとこの2GのSDカードに打ち込みます^^;

そして、再度更新チャレンジ。

しかし、結局更新できず。

こうなってくると、本体自体のSDカードの読み込み自体がダメなのかと

諦めモードに。

 

そして、諦める前の最後にもう一度全てを丁寧に読み返すことに。

 

 

  1. SDカード規格(2GBまで)・SDHCカード規格(32GBまで)に準拠したSDカードまたはUSBメモリーをご用意下さい。
    ※USB3.0対応のUSBメモリーおよびSDXCカード準拠のSDカードは使用できません。
    ※バッファロー社製のUSBメモリーを使用してダウンロードした場合、データのアップデートに失敗する事象が数件報告されております。 更新を行う際は、バッファロー社製以外のUSBメモリーをご使用になることをお勧め致します。(推奨メーカー:SanDisk、Panasonic、東芝)
  2. PCに接続されたSDカード用スロットにSDカードを挿入します。またはUSBコネクタにUSBメモリーを挿入します。
  3. SDカードまたはUSBメモリー内を確認します。

    SDカードまたはUSBメモリーに他のファイルが入っている場合は、ファイルを削除して下さい。

  4. SDカードまたはUSBメモリーの一番上の階層に、先程展開した「BDAJ406A,BDAJ407A,BDAJ408A,BDAJ409A,BDAJ410A,BDAJ418A,BDAJ421A,BDAJ422A,NN00001A,NN00002A」をフォルダごと全てそのままのファイル構成でコピーします。
  5. PCからSDカードまたはUSBメモリーを取り出します。

 

やはり間違っていない。。。

なんでや。。

。。。

ん??

なんか説明文の書き方おかしくないか??

一番上の階層に展開したファイルをフォルダごと??

この書き方だと、これをそのままSDカードに入れたらええねんやんな??

 

ん??いや、もしかして

上のフォルダごと入れるのではなく、この10個のファイルが入ったフォルダを直接SDカードに入れるんか??

 

試しに上のフォルダなしに、その10個のファイルだけをSDカードに打ち込み

それをナビに差し込んでみると。

 

でけた!!

なんやねん💢

ちゃんと文章書いて欲しいわ。

よくよく見返したら、フォルダの中の10個のフォルダだけをSDカードに入れるんかな?

とわかるかも知らんけど、

これ、なかなか伝わりにくい文章やで。

無駄にSDカード買ってしまったやん((((;゚Д゚)))))))

 

アルパインナビ再起動不具合アップデート方法(確定)

 

<2014年/2015年モデル>
▼ EX1000/EX900/EX800/X900/X800/700W
700D/7W/7Dシリーズ
https://secure.alpine.co.jp/urs/ndl/14my-aft/prog/ct
<2013年モデル>
▼ EX009V/EX008V/X008V/007WVシリーズ
https://secure.alpine.co.jp/urs/ndl/13my-aft/prog/ct
<2012年/2013年モデル>
▼ VIE-X009/X008EX/X008/X007/X007W
X007㈼/X007W㈼シリーズ
https://secure.alpine.co.jp/urs/ndl/12my-aft/prog/ct

 

1.車に装着されているナビの型番を確認して上記リンクより更新ファイルをダウンロードします

2.ダウンロードされたファイル(zipファイルの場合は解凍し)その中にある10個のフォルダを全てSDカードにコピーまたは移動します。※必ずその10個のファイルフォルダだけをSDカードに入れてください。

 

SDカードはお手持ちのものがあれば、それを使用し、

なければ、まだ比較的汎用性のあるSDHC規格の32GBを選びましょう


するとそのファイルが間違っていなければ上記のような文章が表示されますので
「はい」を選択します。

3.その後何度か再起動しながらファイルが更新されて行きます。

更新の進捗を表示するバーがいっぱいになってきて、そろそろ終わりだと喜んではいけません。
それが何度も繰り返されます。
※おそらくフォルダの数だけ繰り返されます。

そのまましばらく待っていると時間にして約20分ほどでナビが再起動の後、更新が終了します。

 

まとめ

 

更新後に、最初に購入したSDHC規格のmicroSD32GBにファイルフォルダ10個を入れてナビに指してみたところ、

しっかりと認識してくれました。

結局、ダウンロードしたフォルダをそのままSDカードに入れたことが

更新が出来なかった理由でした。

理由が分かれば簡単なことでしたが、

フォルダごと

と書かれていれば、ダウンロードしたフォルダごと入れてしまうっちゅうねんwww

ということで、同じことで更新が出来なくて困っている人に向けてと、

またこういった更新があるかも知れないので、備忘録的に記事にして残しておくことにしました。

 

文章の理解力をもっと養わなければと一つ勉強になりました。